眠っている赤ちゃん

赤ちゃんを立派に育て上げるには水が鍵|スクスク成長を見守ろう

赤ちゃんの乾燥肌荒れ対策

赤ん坊

赤ちゃんの肌というのは大人の肌に比べその厚さが2分の1から3分の1程度しかないといわれています。また、生後2ヶ月から3ヶ月目になると皮膚を乾燥から守る皮脂が極端に減少するため赤ちゃんの肌は些細なことで乾燥してしまうのです。

この記事を読む

赤ちゃんと水と健康の関係

母子

生後間もない赤ちゃんというのは成長した大人と違い免疫力がとても低いものとなっています。また、内臓機能に関してもまだまだ未発達のため消化機能や吸収能力も低いため大人が普通に食べたり飲んだりしている飲食物を与えた際に体調を崩してしまうことが多々あります。その中でも大人が赤ちゃんに与えてしまうもので特に失敗しやすいものが水です。水を与えることで赤ちゃんに害がでてしまうと知っている人はとても少ないかと思います。
赤ちゃんのミルクを作る際に水を使用しますが、最近では綺麗な水を使用したいということでミネラルウォーターを選びミルクに使用する人が多くなっている傾向がみられます。しかし、ミネラルウォーターもその種類によっては赤ちゃんの体に負担を掛けてしまう可能性があるのです。その理由として、ミネラルウォーターの多くにはカルシウムやマグネシウム、イオン等のミネラル成分を多く含むものが多くそういった成分は吸収能力の低い赤ちゃんには悪影響なのです。ミネラル成分の低い製品であれば大きな負担は掛かりませんが、必ずしも安全とはいえないのです。こういったミネラルが多く含まれた水を硬水と呼び、赤ちゃんにはその逆の軟水と呼ばれる水を与えることが適切です。赤ちゃんに軟水を衛生的に摂取させたい時にはウォーターサーバーを使用することをお勧めします。ウォーターサーバーには赤ちゃんの健康に害をなさない安全な軟水を多く取り扱っており、安心してミルクを作り与えることができるでしょう。スクスク成長を見守りましょう。

赤ちゃん用のベッドを選ぶ

親子

赤ちゃんは眠ることが仕事といわれるほどよく眠るものです。その赤ちゃんが快適で安全に睡眠をとるためにベビーベッドを活用しましょう。ベビーベッドはレンタルすることも可能なのでどういったベッドをレンタルすべきかそのポイントを考えましょう。

この記事を読む

赤ちゃんへの紫外線の脅威

乳児

デリケートな赤ちゃんの肌は乾燥だけでなく紫外線にも敏感です。幼い頃から紫外線対策をしっかり行なっておくことで将来のシワやシミ、免疫低下や皮膚ガン等を防ぐことにも繋がります。

この記事を読む